経験を重ねて憧れのフードコーディネーターを目指そう

世界に一つの作品づくり

女の人

ポーセラーツは、真っ白な磁器に好きなデザインの転写紙を貼り付け、電気炉で焼き上げて作ります。焼成された作品は、日常使いの食器として使用する事が出来るので、世界でたった一つの作品に囲まれて毎日を過ごす事が出来るのです。大阪には多くの教室がありますので、あなた好みの教室を探しましょう。

詳細へ

気軽に芸術を楽しむ

食器

ポーセラーツの人気の理由は初心者でも簡単にアートを楽しむことができ、個人の好みでエレガントにもガーリーにも仕上げることができることです。しかも記念品やインテリアとしてだけでなく実用品として使用も可能で、大切な方への贈り物にもできるので、大阪では専門店や講座が増えています。

詳細へ

知識や技術が身に付く

コーヒー

本格的な珈琲や軽食を提供するカフェでの活躍を視野に入れ、スクール通いする社会人は増えています。食の質を高めるだけではなく、時間や空間もカフェ経営や運営などの開業では必要となるため、専門スクールが賢く活用されています。

詳細へ

食のプロフェッショナル

パエリア

ビジネスをサポート

「料理のプロ」といわれる仕事には調理師や料理研究家などがありますが、フードコーディネーターは自分で料理をするというよりも、料理の知識を活かして企業をサポートするのが主な仕事です。たとえばレストランやコンビニエンスストアで食品メニューの開発に携わったり、食に関するイベントの企画や実行に関わったりします。グルメブームといわれて久しく、現在では食に関する知識が巷に溢れ、また流行の移り変わりも激しくなっています。フードコーディネーターはそれらの情報を集め、プロとしてビジネスに結びつけます。食品業界に就職する以外にも、ブロガーとして活躍したり、講演会を開催したりして、有名になればメディア出演などの機会も得られるため人気があります。

資格認定試験とは

フードコーディネーターには国家資格がなく、誰でも名乗ることはできますが、実績がなければ相手にしてもらえません。実力を測るひとつの目安として、日本フードコーディネーター協会が実施している資格認定試験制度があります。1級・2級・3級の種類があり、なかでも1級は合格者が50人に満たないほどで、かなりの実力者と言うことができます。フードコーディネーター資格を取得するには、教本を買って独学で学ぶ方法もありますが、通信講座も用意されています。またフードコーディネーター協会の認定する専門学校を修了すれば、3級の資格が取得できます。それ以上の資格を目指すには、スクールに通うと同時に実務経験も必要になってきます。